相続税専門・堤税理士事務所

 

お客様の相続税料金、相続のお悩みをどうぞお気軽に、ご相談下さい
048(648)9380

相続税エキスパート税理士が承っております。
相続税申告書作成の報酬料金について20万円から承ります。
初回無料相談の後、お見積り金額をお知らせいたします。
お客様のご希望をお伺いし、税理士料金をお見積もり致します。良心的料金でも品質は一流のTKCの
相続税申告書システムを使用いたしますのでご安心ください。 お見積し、金額を提示し、
納得いただいてからのご契約となります。
どうぞ、安心してご相談ください。

税務代理権限書を添付いたします!税務代理権限証書の添付により、 申告後の税務署からの問合せが税理士を通して行われます。 税務署との交渉を 税理士に任せることが出来安心です。
当事務所の税理士は税務調査経験も豊富です。
お問い合わせフォーム

ご契約までのご相談の流れ

1内容、財産状況のヒアリング

2サービス内容のご説明

3ご希望税理士料金のヒアリング

4報酬見積額のご呈示

申告報酬の見積額をご提示致します。

お客様の状況に応じた税理士料金及びサービスのご希望をお伺いいたします。
当事務所で提供させて頂くサービスの内容をご説明致します。
おおまかな内容の状況をお聞かせ下さい。
相続税税理士料金はこちらへ
税務のプロとして、相続税,相続,遺産分割, 相続税申告書作成,に関わる諸問題に関し、的確に対応いたします。まずはお電話でお気軽にご相談下さい。 その際「ホームページを見た」とおっしゃっていただければスムーズです。お電話またはメールで概要をお伺いいたします、日時を決めていただき
面談させていただきます。
または、お問い合わせフォームにてお問い合わせください
お問い合わせ
税理士・経営理念

「適正税理士料金と高品質税理士業務の遂行により 税理士が地域の皆様の身近な相談相手になること、 皆様のお役立てることを目指しています」

税理士会計事務所は、中小企業庁から認定された、経営革新支援機関です。 関東信越税理士会大宮支部 日本税理士会連合会会員 TKC埼玉県さいたま中央支部日本行政書士連合会会員  税理士略歴 税理士略歴 埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、 学術研究部員を歴任 TKC埼玉県さいたま中央支部にて理事、委員長を経験 さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任 埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。 税務調査の経験も豊富で、実績、豊かな税理士です。

当事務所は、税理士開業以来25年にわたり 埼玉県さいたま市で 埼玉県東京などの地域の皆様にお役に立てるよう 努力してまいりました。
今後も会社顧問税理士、相続税のご相談など 皆様のお役に立てるよう、 格安料金と高品質税理士業務の両立を目指して 努力していく所存です。 お気軽にご相談下さい。

048(648)9380

相続税の還付をご希望

 

過去5年以内の相続税申告について、

土地などの評価方法などにより

相続税が還付される場合があります。

(査定料金は5万円です)
相続税の見直しは当事務所にお任せ下さい。

納付済みの相続税が返ってくるかどうか、

相続税専門の当事務所の税理士がお調べいたします。

過去の申告書をお持ち下さい

被相続人が老人ホームに入居し、その後病院に入院した場合の小規模宅地の適用

被相続人が老人ホームに入居し、その後病院に入院した場合

相続発生時には、同居していないことになるが

小規模宅地の適用の判定時期については

被相続人が老人ホームへの入所直前において、

同居していた親族と被相続人とが

「生計一」かどうか判断される。

したがって老人ホームへの入所直前において同居している場合
所得税法上では、通達により

「親族と同一家屋に起居している場合には、

明らかにお互いに独立して生活を営んでいると認められる場合を除いて、

これらの親族は生計を一にするものとする」

と規定されており

相続税においてもこの通達により判断することになると思われます。

その後その居宅を建替えた場合
その建替えた建物の所有者が親族になった場合に
その被相続人所有の敷地が小規模宅地の適用
が受けられるかどうかは、ご相談下さい

 

被相続人の配偶者の実子で被相続人の養子となった者

その被相続人の

配偶者の実子で

その被相続人の養子となった者

は実子とみなして基礎控除額の計算を行うこととしていますが

配偶者が死亡している場合でも、

生存配偶者が姻族関係を終了する意思表示をするまでの期間は

婚姻期間に含まれ、

上記の(その被相続人の配偶者の実子でその被相続人の養子となった者を

実子とみなして基礎控除額の計算を行うこと)

ができるものと思われます。

相続人が成年被後見人である場合の障碍者控除

成年被後見人は、

家庭裁判所が

「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者」として

後見開始の審判をした者であり、

所得税法上も

「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者」

を障害者控除の対象となる特別障害者と規定しています
相続人が成年被後見人である場合

相続税の申告において

特別障害者として障害者控除を適用

できるものと思われます。

 

障害者控除の額は、

その障害者が満85歳になるまでの年数1年

(1年未満の期間があるときは切り上げて1年として計算します。)

につき10万円で計算した額です。、

特別障害者の場合は1年につき20万円となります。

マイナンバー

国税庁HPより編集

マイナンバーの記載を要しない書類の一覧 平成28年4月1日以後適用分(PDF/72KB)
平成29年1月1日以後適用分(PDF/251KB)
(参考) 平成29年1月1日以後も引き続きマイナンバーの記載を要する書類(PDF/201KB)

以下国税庁HPより転載 編集

マイナンバーの記載を要しない書類(一部)

【平成29年1月1日以後適用分】

所得税及び復興特別所得税の予定納税額の減額申請書

所得税の青色申告承認申請書

所得税の青色申告の取りやめ届出書

青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書

【平成28年4月1日以後適用分】

 

給与所得者の保険料控除申告書

給与所得者の配偶者特別控除申告書

給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書

所得税額等及び欠損金の繰戻しによる還付金額等

  1. 所得税額の還付金額、(利息に対する源泉所得税)
  2. 欠損金の繰戻しによる還付金額
  3. の還付金額で

当期にその還付を受けることが確定したものについて、

法人税別表4減算19に

その額を当期利益の額に含めているといないとにかかわらず記載します。

この場合に、これらの確定した還付金額を

当期利益の額に含めていないときは、

「加算」の空欄に「未収の所得税額の還付金等」として

「総額1」及び

「社外流出3」に記載する、

当期利益の額に含めているときは

減算のみで上記加算の必要はない。

理由

法人税等は損金不算入なので

その税金が還付された場合にも

益金不算入となるため

 

なお

 

その後の事業年度で

これらの還付金を当期利益の額に含めた場合には、

その金額を「減算」の空欄に

「未収の所得税額の還付金等」と記載の上、還付金の額を

「総額1」及び「社外流出3」に記載します。

復興特別法人税の課税の対象年度

空き家の譲渡所得特別控除

相続の開始の直前において

被相続人の居住の用に供されていた家屋

(昭和56 年5月31 日以前に建築された家屋

(区分所有建築物を除く。)であって、
当該相続の開始の直前において

当該被相続人以外に居住をしていた者がいなか
ったものに限る。

以下「被相続人居住用家屋」という。)及び

当該相続の開始
の直前において

当該被相続人居住用家屋の敷地の用に供されていた土地等

を当該相続により取得をした個人が、

平成28 年4月1日から平成31 年12 月31 日
までの間に、

次に掲げる譲渡

(当該相続の時から当該

続の開始があった日以後3年を経過する日

の属する年の12 月31 日までの間にしたものに限るものと
し、

当該譲渡の対価の額が

1億円を超えるものを除く。)

をした場合には、当
該譲渡に係る譲渡所得の金額について居住用財産の譲渡所得の

3,000 万円特別控除を適用することができることとする。
① 当該被相続人居住用家屋(次に掲げる要件を満たすものに限る。)の譲渡
又は当該被相続人居住用家屋とともにするその敷地の用に供されている土地

等の譲渡
イ 当該相続の時から当該譲渡の時まで事業の用、貸付けの用又は居住の用
に供されていたことがないこと。
ロ 当該譲渡の時において地震に対する安全性に係る規定又はこれに準ずる
基準に適合するものであること。

 

② 当該被相続人居住用家屋(イに掲げる要件を満たすものに限る。)の除却
をした後におけるその敷地の用に供されていた土地等(ロに掲げる要件を満
たすものに限る。)の譲渡
イ 当該相続の時から当該除却の時まで

事業の用、貸付けの用又は居住の用
に供されていたことがないこと。
ロ 当該相続の時から当該譲渡の時まで

事業の用、貸付けの用又は居住の用
に供されていたことがないこと。
(注1)当該譲渡の対価の額と当該相続の時から当該譲渡をした日以後3年を経
過する日の属する年の12 月31 日までの間に当該相続に係る相続人が行っ
た当該被相続人居住用家屋と一体として当該

被相続人の居住の用に供されていた

家屋又は土地等の譲渡の対価の額との合計額が1億円を超える場合
には、本特例は適用しない
(注2)本特例は、確定申告書に、地方公共団体の長等の当該被相続人居住用家
屋及び当該被相続人居住用家屋の敷地の用に供されていた土地等が上記①
又は②の要件を満たすことの確認をした旨を証する書類その他の書類の添
付がある場合に適用するものとする。
(注3)相続財産に係る譲渡所得の課税の特例との選択適用とするほか、居住用
財産の買換え等の特例との重複適用その他所要の措置を講ずる。

(地方税)においても適用

保険金  損害償金等

保険金  損害償金等

損害保険会社又は
外国損害保険会社等の締結した
保険 契約に基づき支払を受ける
保険金及び損害賠償金(これらに類するものを含む。)
心身又は資産に加えられた損害につき支払を受ける相当の見舞金で、
心身に加えられた損害
又は突発的な 事により資産に加えられた損害に基因して取得するものとして
(これらのものの額のうちに損害を受けた者の
各種所得の金額の計算上
必要経費に算入される金額を補てんするための 金額が含まれている場合には、
当該金額を控除した金額に相当する部分)については、所得税を課さない。

不動産所得、事業所得、山林所得又は雑所得を生ずべき業務を行う
居住者が受ける保険金等で、
その業務 の遂行により生ずべきこれらの所得に係る
収入金額に代わる性質を有するものは
、これらの所得に係る収入金額とす る

「身体の傷害に基因して支払を受けるもの」は、
自己の身体の傷害に基因し て支払を受けるものをいうのであるが、
その支払を受ける者と身体に傷害を受けた者とが異なる場合であっても、
そ の支払を受ける者がその身体に傷害を受けた者の
配偶者若しくは直族又は
生計を一にするその他の親族であると きは、
当該保険金又は給付金についても非課税の適用があるものとする

いわゆる死亡保険金は、
「身体の傷害に基因して支払を受けるもの」には該当しない

葬祭料香典又は災害等の見金で、
その金額がその受贈者の社会的地位、
贈与者との関係等に照らし社会通 上相当と認められるものについては、課税しないものとする